電子書籍と紙の本を使い分ける方法【両方の長所を最大限に生かす】

「電子書籍と紙の本ってどうやって使い分けるべきなの?」

こちらのページでは、そんな疑問にお答えします。

電子書籍と紙の本は、それぞれ異なるメリットがあります。

ですから、上手に使い分けることで、より快適な読書ライフを送ることができます。

当記事では、両方のメリットを最大限に生かすために、複数の使い分け方をご紹介します。

電子書籍と紙の本の使い分け方

こちらでは、電子書籍と紙の本の使い分け方を6つ紹介します。

自分に合っている使い分け方が見つかると、より読書がはかどるはずです。

ジャンルで使い分ける

もっとも分かりやすい方法は、ジャンルによって電子書籍か紙の本かを使い分ける方法です。

私も、基本的にはこのような分け方をしています。

巻数が多くて収納が大変なマンガや、外出先で読み返したいビジネス本などは電子書籍で買っています。

対して、小説やエッセイ集など、本棚に並べたいジャンルは紙の本で買うようにしています。

ジャンルだと分けやすいので「電子書籍と紙の本のどっちで買おう」と迷わなくてもいいのでおすすめです。

お気に入り度で使い分ける

どれだけお気に入りの本かどうかで使い分ける方法です。

お気に入りの本だけを紙で買うことで、自分にとって最高の本棚が完成します。

例えば、大好きな著者の小説が発売されたら紙の本で買って、それ以外は電子書籍で買うという分け方です。

他には、「お気に入りの表紙の本だけは紙の本で買う」というような分け方も面白いかと思います。

本の難しさで使い分ける

内容の難易度で分ける方法もあります。

中身が濃い本を読むときは、何度も戻って読み返す必要があると思います。

紙の本のほうが電子書籍よりもページを戻りやすいので、内容が難解な本は紙の本で買うという方も多いです。

用途で使い分ける

電子書籍のメリットは「持ち運びやすさ」なので、外出先で仕事の資料として使う本は電子書籍が向いています。

対して、個人的な趣味として、持ち運ばずに家で読むという小説や写真集などは紙の本で買うのがいいと思います。

文字の大きさで使い分ける

「文字の大きさを変えることができる」というのも電子書籍の大きなメリットです。

紙の本だと、とても文字が小さくて読みづらい本がありますよね。

また、ご年配の方や、視力があまり良くない方であれば、紙の本はなかなか読めないという方もいらっしゃると思います。

そこで、自分にとって文字が小さく感じる本は電子書籍で、それ以外は紙の本で買うという分け方もアリです。

重さや厚さで使い分ける

最後は、重さや厚さで使い分けるという方法です。

ページ数が多くて重い本は、保管も持ち運びも大変ですよね。

ですから、ボリュームのある本は、電子書籍で持っておくと便利です。

また、厚みのある紙の本だと「こんなページ数の本を読むのは大変だな」と、本のサイズに圧倒されて読む気力が削がれてしまうことがあります(私だけかもしれませんが笑)

しかし、電子書籍であれば、本の厚みに圧倒されずに、ページ数のある本を読むことができます。

このように、「紙の本がどれくらいのサイズなのか」で使い分けるのも良いと思います。

まとめ

このページでは、電子書籍と紙の本を使い分ける方法についてご紹介しました。

ぜひ、両方のメリットを生かして、自分に合った使い分け方をしてください。