【初めての電子書籍】ゼロから読み始めるまでの5ステップ【簡単】

 

電子書籍を使ってみたいんだけど、まず何から始めればいいの?全く分からないから教えてほしい。

当記事では、ゼロから電子書籍を読み始める方法を解説します。

いざ電子書籍を始めよう!と思っても、実際に何から始めればいいのか分からないという方は多いと思います。

そうなんですよね。

電子書籍を全く使ったことが無いと、「どこで買えばいいのか」とか「どうやって読むのか」とか知らないことばかりです。

しかし、電子書籍は使い方を覚えると、とても簡単に使いこなすことができます。

このページでは、ゼロから読み始めるまでの流れを、5つのステップに分けて丁寧に説明しています。

当記事を読むことで、今日からでも電子書籍を読み始められるはずです。

「これから電子書籍を使ってみたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

電子書籍を読み始めるまでの5ステップ

ゼロから電子書籍を読み始めるステップをまとめると以下のようになります。

1.読み始める端末を決める
2.ストアサイトを選ぶ
3.欲しい作品を探す
4.実際に買ってみる
5.読む方法を決める
それでは、最初のステップから見ていきましょう。

【Step1】電子書籍を読み始める端末を決める

「電子書籍は専用の端末がないと読めない」と思っている方は多いです。

しかし、電子書籍はスマートフォンやPCなど、現在使っている端末でも快適に読むことができます。

まずは、どの端末で電子書籍を読むか選びましょう。

【選択肢1】スマートフォン(iPhone/Android)で読む

お手持ちのiPhoneやAndroidのスマホで、電子書籍を読むことができます。

スマートフォンは片手で持つことができるので、移動中に読書をしたいときに最適です。

特に、電車で立ちながら本を読むときに、片手で読めるスマホが便利だと感じます。

【選択肢2】タブレット(iPad/Android)で読む

タブレットは画面が大きく、持ち運びも楽なので電子書籍の読書に向いています。

もしすでにタブレットを持っていたら、電子書籍を読むための端末として使うのもいいでしょう。

【選択肢3】PCで読む

PCでも電子書籍を読むことができます。

移動中の読書には向いてませんが、家でじっくり読みたい方はPCで読書をするのもアリです。

【選択肢4】電子書籍リーダーで読む

電子書籍専用のリーダーはマンガも読めますが、活字を本を読むのに向いています。

また、目に優しい液晶を使っているため夜の読書に最適です。

電子書籍は、複数の端末で読むことができます。

例えば、同じ作品をスマホとタブレットの両方にダウンロードすることも可能です。

ですから、最初はスマホなどお手持ちの端末で使ってみてから、自分の使い方に合っている端末を追加するのがおすすめです。

【Step2】電子書籍ストアサイトを決める

電子書籍ストアサイトはたくさんあるため、最初は戸惑ってしまうと思います。

そこで、こちらでは、初めて電子書籍を買う方に特におすすめのストアサイトを3つに絞って紹介いたします。

私も普段から利用しているお気に入りのストアサイトなので、参考にしていただけると嬉しいです。

【Kindle】活字の本が読みやすいストアサイト

Kindle(キンドル)はAmazonが運営する電子書籍ストアです。

「Kindleは専用リーダーを持ってないと読めない」と思っている方は多いですが、お手持ちのスマホやPCでも読むことができます。

Kindleは特に、活字の本を読むときに最適です。

なぜなら、活字の本を読むときに使えるアプリの機能が多く、気に入った文章を一覧にして見やすいからです。

私も、活字の本は全てKindleで買うようにしています。

また、読み放題サービスである「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」に加入することで、5万冊以上の作品がいつでもどこでも読めるようになります。

【ebookJapan】マンガ好きのためのストアサイト

ebookJapan(イーブックジャパン)は、マンガが好きな人に最適な電子書籍ストアサイトです。

なぜなら、マンガのまとめ買いセールが多い上に、貰えるポイントも多いのでお得に欲しい作品を集められるからです。

また、ebookJapanだけの機能なんですが、購入した本を背表紙で並べることができます。

電子書籍だと紙の本と比べて所有欲が満たされないという懸念点がありますが、背表紙で並べることで、電子書籍でもコレクションが増えていく嬉しさを味わえます。

それに、「サービスが終了するのが不安」という方でも、ebookJapanはヤフージャパンのグループ会社が運営しているので安心して使えるはずです。

【Step3】欲しい電子書籍をストアサイトで探す

それでは実際に、欲しい電子書籍を選んでみましょう。

好きなジャンルから探す

私は主に男性向けの漫画を読むので、「少年・青年マンガ」のジャンルのページから探すことが多いです。

ジャンルのページに飛ぶと、そのジャンルの新刊やランキング、セール中作品を見ることができるので、購入の参考になります。

セール中の作品から探す

セール中の作品を一覧で見ることができます

前からちょっと気になっていた作品がセールになっていると、つい買ってしまいます笑

【Step4】電子書籍を購入する

欲しい本が見つかったら、実際に購入してみましょう。

クーポンを利用してお得に買おう

購入画面に進む前に、使えるクーポンがないか確認しましょう。

電子書籍ストアサイトによっては、初回限定で使えるお得なクーポンがあるので、絶対に活用するべきです。

ストアによって、サイトの見やすさやアプリの使い勝手が異なります。

ですから、初回限定クーポンで安く買ってみて、複数のストアを試してみるというのもアリだと思います。

買い物カゴに入れて決済画面へ

それでは、電子書籍を購入してみましょう。

クレジットカードがなくても電子書籍は買える

「電子書籍はクレジットカードが無いと買えない」と思われがちです。

しかし、クレカを持っていなくても買える方法はいくつもあります。

AmazonのKindleであれば、コンビニで買えるプリペイドカードを使うことで、電子書籍を購入することができます。

【Step5】電子書籍を読む方法を決める

購入した電子書籍を読む方法は、主に2つあります。

1.アプリをダウンロードして読む
2.ブラウザで読む

アプリとブラウザには、それぞれ異なるメリットがあります。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【選択肢1】端末のアプリにダウンロードして読む

一般的な電子書籍の読み方は、アプリにダウンロードして読む方法です。

電子書籍を購入してから、実際に読み始めるまでの流れは以下の通りです。

アプリを端末にダウンロードする

端末を同期する

電子書籍をアプリにダウンロードする

電子書籍をダウンロードするときに一定の通信料が発生するため、モバイル通信ではなくWi-Fi環境で行うのがおすすめです。

アプリによっては、モバイル通信でダウンロードしない設定にできます。

アプリにダウンロードして読むメリットとデメリット

端末のアプリにダウンロードして読むメリットは以下の2つです。

・オフラインでも読める
・データを読み込む必要が無いのでサクサク読める

ダウンロードしておくことで、インターネットの繋がってない場所でも、快適に読むことができます。

主に外出先で読みたい方は、家のWi-Fiでダウンロードしておきましょう。

【選択肢2】ブラウザで読む

購入した電子書籍はダウンロードせずに、ブラウザで読むこともできます。

ブラウザで読むメリット

電子書籍をブラウザで読むメリットは以下の2つです。

・端末の容量を気にせずに読める
・ダウンロードする必要がないので購入してすぐに読める

容量の多くない端末を使っていると、ダウンロードできる数がかなり限られてきます。

でも、ブラウザを使うことで、容量を気にせずに読書することができます。

ですから、端末の容量にそこまで余裕がない方は、

持ち歩いて読みたい作品→ダウンロードして読む
ときどき家で読む作品→ブラウザで読む
というように、アプリとブラウザを使い分けるのがおすすめです。

電子書籍の始め方|まとめ

このページでは電子書籍の始め方について紹介しました。

電子書籍をうまく利用して、快適な読書ライフを送ってください。