ビジネス書好きにおすすめの電子書籍ストアまとめ!

当記事では、ビジネス書を購入するのにおすすめの電子書籍ストアサイトをご紹介します。

ビジネス書好きにおすすめの電子書籍ストアまとめ!

Kindle(キンドル)

ビジネス書を読むなら、Kindleが最もおすすめです。

なぜなら、ハイライトという機能が、活字の本の内容を定着させるためにとても便利だからです。

ハイライトというのは、マーカーで引いた箇所を、一覧にして読み返せるという機能です。

このハイライトは、読書に使用した端末だけでなく、ブラウザでも見ることができます。

私の場合は、電子書籍リーダーで本を読み、復習するときにPCのブラウザでハイライト読むようにしています。

また、漫画やライトノベルがメインのストアが多い中で、Kindleはビジネス書にも力を入れていて品揃えも多いです。

さらに、読書専用の目に優しい電子書籍リーダーが買える数少ないストアなので、多読をする方には特におすすめです。

・ハイライト機能でマーカーを引いた箇所をまとめて読み返せる
・品揃えが豊富
・読書専用の電子書籍リーダーがある

honto(ホント)

hontoは「電子書籍でも紙の本でも読みたい」という人におすすめの電子書籍ストアです。

なぜなら、紙の本で買った本と同じタイトルの電子書籍を半額で買えるからです。

通常なら、電子と紙の両方で読むとなると、2冊分の料金が必要ですが、hontoを使うことで1.5冊分の料金で購入できます。

また、ジュンク堂や文教堂で貯めたhontoポイントを利用して、電子書籍を買えるので、今までhontoポイントを溜めたままでいる人にもおすすめです。

・活字で買った本と同タイトルの電子書籍を半額で買える
・ジュンク堂や文教堂で貯めたhontoポイントを使える

ebookJapan(イーブックジャパン)

ebookJapanは、漫画に力を入れているストアなので、マンガ版のビジネス書を良く読む人におすすめです。

アプリの機能性が高く、ブックマーク機能や、自動でページ送りできる機能など、マンガを読むときに欲しい機能が揃っています。

また、ebookJapanは特集が多いので、自分に合う本を見つけやすいストアでもあります。

・本の特集が多い
・ビジネス本の漫画が読みやすい

電子書籍でビジネス書を読むメリット

いつでもどこでも読み返せるので定着しやすい

電子書籍の大きなメリットは「持ち運びやすさ」です。

端末にダウンロードしておくことで、百冊以上の本を持ち歩くことができます。

大量の本を持ち歩いておくことで、「あの本を読み返したい」とふと思った時にすぐに読み返せます。

マーカーが引きやすい

ビジネス本を読んでると、「この部分にマーカーを引いて何度も見返したい」と思うことがありますよね。

電子書籍は、マーカーを引きたい文章を指でなぞるだけで線を引くことができます。

紙の本にマーカーを引く時は、ペンを取り出さないといけないので、外出中は少し不便だと思います。

電車の中で読書するときにマーカーを引くのは大変ですよね。

それに、紙の本は、一度書き込みをしてしまえば消すことができません。

しかし、電子書籍なら簡単にマーカーを引けますし、後で取り消すこともできます。

すぐに読み始められるのでスピード感が違う

電子書籍はインターネットに繋がっていれば、どこでも購入することができます。

そのため、どこでも購入してすぐに読み始められるので、紙の本と比べてスピード感があります。

私の場合、ブログやSNSで紹介されていた本が、自分が読んだほうがいい本だと思ったら、すぐに買って読むこともあります。

ビジネス書好きにおすすめの電子書籍ストアサイト|まとめ

この記事では、ビジネス書好きにおすすめの電子書籍ストアサイトを紹介しました。

繰り返しになりますが、ビジネス書好きにはKindleがおすすめです。